タイ雑貨ラクシュミのBanner

click↑here

サイト内検索 
powered by Google


Yahoo!ブックマークに登録
タイ文字時計
タイ文字腕時計
タイ文字掛け時計
タイ文字置き時計/キャメロット製他
キッチン雑貨
お香・アロマグッズ
アクセサリー
衣類/ビアチャンTシャツなど
布類/タイシルク・クッションカバーなど
雑貨/マッサージ棒など
バッグ
ラクシュミのリンクページ
ラクシュミのプレゼントページ
販売ランキング

タイ文字雑貨掛時計
ベーシックな形なので飽きがきませんよ。

タイ雑貨/タイ古式マッサージ棒
毎日のリラクゼーションにどうでしょう?

mitra(ミトラ)カシミール刺繍ショルダーバッグ(レッド)
タイ*バンコクで人気のブランドmitra製のカシミール刺繍ショルダーバッグです。

タイ柔軟剤コンフォート Ultra(400ml)
タイ、ベトナムなどで大人気の柔軟剤Comfort Ultraです。

タイ文字腕時計(K01b3b3-White)
キュートなピンクのタイ文字時計です。[タイ雑貨]



Google Sitemaps用XML自動生成ツール
2008/12/01
2008/10/15
2008/10/08
2008/10/01
2008/09/26
2008/09/25
2008/09/24
2008/09/23
2008/09/22
2008/09/19
2008/09/18
2008/09/17
2008/09/16
2008/09/15
2008/09/12
2008/09/11
2008/09/10
2008/09/09
2008/09/04
2008/09/03
2008/08/29
2008/08/22
2008/08/14
2008/08/13
2008/08/12
2008/08/08
2008/08/01
2008/07/31
2008/07/29
2008/07/28
2008/07/23
2008/07/22
2008/07/18
2008/07/14
2008/07/10
2008/07/07
2008/07/02
2008/07/01
2008/06/30
2008/06/26
2008/06/25
2008/06/23
2008/06/18
2008/06/16
2008/06/13
2008/06/12
2008/06/11
2008/06/10
2008/06/09
2008/06/06
2008/06/04
2008/06/03
2008/05/29
2008/05/28
2008/05/23
2008/05/22
2008/05/14
2008/05/12
2008/05/10
2008/05/09
2008/05/08
2008/05/07
2008/05/06
2008/05/05
2008/05/02
2008/04/28
2008/04/27
2008/04/26
2008/04/25
2008/04/24
2008/04/23
2008/04/21
2008/04/20
2008/04/19
2008/04/18
2008/04/17
2008/04/16
2008/04/15
2008/04/08
2008/04/07
チャトゥー・チャック(ラウンド2)-6
2008/04/26
そしてついにギブアップ…。
今日一日で「タオライ?」(いくら?)を数百回繰り返したことか?

今日一日で「プリーズ・フォー・セール!!」を数百回繰り返したことか?

苦楽を共にした電卓は激戦の中でいつの間にか失われ…。

脚は痺れて歩を進めるのが辛く…。

身体は汗でグダグダ…。

チャートゥー・チャック内のお店も店仕舞いしだした所で思い荷物を両手に抱えてついに、本日は撤収することに…。

しかも何ちゅーことか同じタイミングで帰途に着く人達の多いこと多いこと…。

市場横の道路ではタクシーを捕まえようと皆必死です。

こういう場合の必殺、出来るだけ上流へ移動作戦を結構、重い荷物が身体に響きます…。

数台のタクシーに乗車拒否され、空もどこからか夕立の雰囲気が漂ったころ、タクシーの車体に「アイ キャン スピーク イングリッシュ」のステッカーが貼られた、英語の全く話せないドライバーさまに一路カーゴ屋さんまで連れていってもらう。

タクシーに乗り込むと一息付く間もなくバンコクは轟音の雷とともに夕立…、間一髪で最後はなかなかツイテいたと思う。
↑「パイレーツ・オブ・カリビアン」
のジャックスパロウ船長のコスプレで何か小物を販売していた。
タイでこんな扮装をしていて、幾ら地元の人でも暑くないんだろうか?

※気弱なので、正面から撮らせて貰う勇気がありませんでした。



チャトゥー・チャック(ラウンド2)-5
2008/04/26
その後は、幸運を信じて取り合えずソイへの突撃を繰り返す。

チャトゥー・チャックは外周を比較的おおきな通路が走っていて、その通路から内側にsoiと呼ばれる小道が細長く続いている。

そして、一旦内側に入ってしまうと、すれ違う人波で次第に自分が今どこにいるのかわからなくなる。

そして自分がどこにいるのか?
どこに行きたいのかを見失った頃に偶然の発見…。

探していた綺麗なデザインのタイコットン100%のショールをついに発見!!!

ぬぉぉぉぉぉ(魂の叫び)

元気の良いタイっ娘の店長に、サイトの名詞を渡して自分が日本でタイ雑貨のWEBサイトを運営していることを身振り手振りで説明して理解してもらう。

そして、ここからがネゴシエーションです。

vオウイェv

このお店では、一度に100点以上まとめて仕入れる場合にはいわゆる業者価格での売買が出来るとポップに書いてあるのですが、さっきのココナッツ雑貨の大量購入で両手がふさがってしまっていて、あと100個もショールを購入するととても持ち帰れない事情を説明します。

結局、業者価格よりはちょっとだけ高いのですが、ほぼ思い通りの卸値にて購入出来て至極満足。

これからの季節にオフィスで膝掛け何かに使用してよ良いと思いますよ。

※写真に写っているお店の店長に
「日本で沢山販売して、きっとリピートしに来る!!!」
と断言してきたので頑張って販売しなきゃーーーー。
↑カメラを向けると最初は嫌がっていたのだけれど
カメラを構えて「撮るよー、っと言うと
Vサインまで出す店長。」さすがタイっ娘は陽気な人が多い。



チャトゥー・チャック(ラウンド2)-4
2008/04/26
そして次は偶然見つけた、椰子のみ雑貨のお店にてお気に入りの亀のオブジェをあるだけ購入。

以前、仕入れた時には2個しか手に入らなかったので売り物にはせずに写真撮影の小道具にしたりしてました。

その他にも、色々とココナッツ細工を購入。

ウォッシャー!!!!



チャトゥー・チャック(ラウンド2)-3
2008/04/26
その後、水を飲んで水分補給をしながら歩いていると、イカツイ剥げた白人が帽子を被っている…。

おー、これはぼくの探していた「タイ・コットン」のハンチング帽子ではないのか?

店の店主に仕入れ価格とミニマムロッドを確認する。

最近思うんだけれど、雑貨屋さんって結局小売よりも幾分安い仕入れ価格との差額を飯の種にしている商売だね。

謎の白人と帽子の柄などの批評をしながら物色をする。

ヤツは結局購入せず…。

ぼくは大量購入。



チャトゥー・チャック(ラウンド2)-2
2008/04/26
さて、こうなると問題は2つある。
ぼくの腕力や体力には限界があるということだ。

カーゴサポートが付いている時は、購入後にカーゴ屋さんの契約店に荷物を置いておけば後日スタッフがほとんどの荷物を引き取ってくれる。

もし、購入店舗が契約店でなくても次に購入するお店が別のお店で購入した商品を預かってくれることもあり、暑い中重たい荷物を抱えながら迷宮をさまようことは少ない。

一時の感情で、最大のメリットを自分で棄ててしまったことを激しく後悔しながらも、他に泣きつく場所も無いのでやらなきゃしょうがない。
それよりも「カーゴサポートさんを帰した理由を上手く考えてあげないとなぁ〜。っとちょっとだけ溜息…。」


なので、今回はいきなり重たい荷物を仕入れてしまっては、次に行けなくなる。

せめて最後の方にしなければ体力が尽きてその日は即、撤収っなんてことも。

ここは運を天に任せるしかないようです。
↑最寄駅から歩いてカーゴ屋さんへ向かう途中、
「おー、これはテレビで見たことのある
線路脇に密集する屋台だ!!」っと写真をとるが、
これはまた別のものらしい…。



チャトゥー・チャック(ラウンド2)-1
2008/04/26
んで、本日は効率的にお買い物を進めるために、カーゴ屋さんにタイ人の方のサポートをお願いしていたのだけれど、どうも身体の調子がよくない様子だったので、タクシー代とチップを渡して先に会社に帰って貰うことに…。

そして、一人になって改めて解るチャトゥー・チャック市場の広大さと心細さ…。

ここは一つ、偶然の幸運を信じて手当たり次第練り歩くことに。

※以前の買い付けで学んだことは、意識してゆっくりと歩くと疲れにくいということ。



チャトゥー・チャック(ラウンド2)
2008/04/26
本日はいよいよ今回の訪タイで一番メインの日です。

一日中、炎天下のチャトゥー・チャック市場を徘徊して当ショップに陳列する商品を探します。

前回は、ベッブリーの駅からタクシーを捕まえてバンコクを一周する羽目になったので、今度はそんな失敗をするボクではありません。

安全確実に、徒歩でカーゴ屋さんまで向かうことにしました。

んで、ブッベリーの駅は十字路にあるのですが、先天的に方向音痴のぼくは迷わず縦の路地と横の路地を間違えながら機嫌良く歩く訳です。

んで、ラマ九世駅という明らかに違う駅までたどり着いてから、来た道を引き返して行きまして、15分歩けば着く距離を一時間かけて辿り着きました。
↑でも結構気に入った写真が何枚か撮れたのでよしとします。